2010年03月22日

マザードロイド

そういえば、制作プロセスはともかくとしても、はじめに掲載した画像など、何のことかわからないだろう。まぁ、3DCGイラストでしょ。といわれりゃそうなんだが、どんなつもりでどうやって作ったか少しは情報があったほうがよさそうだ。というわけで、過去作品も随時紹介したいと思う。で、とりあえず今回はヘッダーにも使用されているマザードロイドだぁ。

Motherdroid-MEKARATE.jpg

これは以前CGの専門誌CGWorldで「キャラクリ研」というのをやっていたときにいろんなキャラを考案した中でのひとつ。世界唯一の妊婦型アンドロイド(そんなのばっか)ただ誰も考えないだけなんだろうが、いかしてるでしょう?実は操縦しているのは胎児があるべき場所にいる頭部。彼女が伸ばした右腕からは、彼の思念が物質化されるというわけのわからん設定。しかし、これは心の中にあるマザコン的な心情を象徴した形。自分では何も決断できないし、形に出来ないから別なものにすがって実現しようとする浅ましい心理をデザインしたものだと理解していただきたい。「キャラクリ研」では他にもいくつかキャラクターを制作した。それらをアニメーションとしてまとめた作品「MEKARATE」はSiggraph2003のアニメーションシアターなどに入選した。で、何でこんなものを作ったのかを聞きたい。ということで呼ばれてアメリカのサンディエゴまで話をしにに行ったら、中には「大好きだぁ」と言ってくれる人がいて「アメリカだったらいけるかも」などと思ったものだ。日本じゃダメなんだろうね。よく言われるけど。
続きを読む


posted by hrys at 15:54| Softimage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。