2011年09月01日

迷走

MaskedPigBody.jpg

MaskedFootMan.jpg

 8月も終わるというのに。予定よりもずっと進んでいない。というより、進めていない状態。これといった指針はもともとないので、作りながら考えているわけだが、正直なところちょっと飽きてきた。だから、本当はみんなが飽きちゃうのも良くわかっている。でも少しづつ進めるしかない。というわけで、いじいじとマスキングを進めたりする。これをやったのは実は先週。自分でもなんだか良くわからないので、しばらく放置。でも、ここでは晒す約束だったので、あげてみる。



posted by hrys at 02:15| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

哀れ女

SadLadyTest.png

パーツのカラーリング検討続行。Kokkaには、様々な人体パーツが組み込まれているのだが、女性の上半身が比較的独立して組み込まれている後端部分。汚しすぎないように、でも痛々しく。そういったことに気をつけて試してみた。肌の白い部分と、赤みの部分は思った以上にグラデーションの幅を大きくしているが、方向は間違っていないように思う。彩色すると今度は、彼女を覆う舌が単調に思えてきた。彼女は、争いの醜さに目を背け、背け続けるうちに手が癒着して現実を直視することができなくなってしまった。
posted by hrys at 13:30| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

Kokkaテクスチャリング再開

SeijiYaHead.jpg
しばらく研究報告書などを執筆していた関係で、お留守になっていたテクスチャリングをともかく再開。一旦、止まった作業を動かすってちょっと大変なんだよね。 やっていたことを、いろいろ忘れてるし。そういった意味では、ほんの少しづつでも毎日手をつけるていうのはとても大事。みなさんも心がけてください。さて、このカラーリング。何パターンか試して決めたわけだが、まだまだ荒っぽい。が、全体に組み込んだ状態で判断しないとわからないので、ざっくりと片付け、次に移行することにする。しかし、ざっくりとは言っても、短時間でこのようなテクスチャリングができるのはSpotlightのおかげ。時間がかかるのは、カラーリングのアイデイア出し。
posted by hrys at 12:50| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

鎧マスキング

YoroiMask.jpg
鎧部分に装飾を加えるためのマスキング作業を行う。実は、途中まで進めていたのだが、鎧一体では思うようにサブデバイドが上げられないので、改めて上下に分けてやり直し。今、白いところは多分、金色になる。黒いところはSpotLightで様々なテクスチャーを試しながら決めてゆくことになると思う。地味だが、重要な作業。
posted by hrys at 02:45| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

足のヒト

LegMan01.jpg
とにかく一通りテクスチャリングする方針。メインボディーに直接繋がるということで、先ほどとほぼ同じテクスチャーを使用して制作。
posted by hrys at 01:58| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

ボディーテスト

Body01.jpg

Kokkaのメインボディーのテクスチャー検討。こういった有機体には、やっぱりSpotLight。他のテクスチャーも試したが、ひび割れ具合が良いので、画像のものを使うことにした。これを、オブジェクト上にあれこれと転写するってわけさ。テストってことで適当だが、ものの数分でおよその状況が把握できる。これならいけそうだ。と判ればモチベーションもあがるってものさ。ただ、もちろんこれで終わってはいけない。このテクスチャーをもとにマスクを生成するなどして、ひび割れによる表面のずれなどといったデティールを作らねばならないのであーる。他との兼ね合いでひび割れの要素だけを利用して、色は変更してゆく可能性もある。使い方そのものは簡単。だが、よいものを作るのは、それとは別。
posted by hrys at 12:33| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

兜テクスチャー

HeadColorTest02.jpg

兜のテクスチャリングを適当に進める。SpotLightはZBrush4.0の新機能であるが、実戦使用は今回が初めて。便利ではあるが、国旗部分などは、わざわざZBrushでやるほどのことでもない。というか、Softimage上でやるほうが楽そうだ。というわけで、部分により使い分けて制作する方針を確認。
posted by hrys at 02:19| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

カラーリングテスト

MainHeadColTest.jpg

仕事は丁寧に進めるべき。だが、あんまり慎重すぎても萎縮しちゃうので、思いつくままに色づけテスト。デティールの深さなどは、色がついてみないとわからないし、ね。また、他のパーツとの兼ね合いもある。まぁ、簡単にとは言っても、マスキングする順番や色づけの方法はちゃんと説明しようとするとそれなりに複雑になってしまう。ので、受肉塾では無理。2年生が近々TRexのテクスチャリングをZBrushでやる予定なのでSZBLに解説することになると思う。
posted by hrys at 15:26| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

テクスチャリング事始

MaskedHead01.jpg

HeadColorTest.jpg

おとといあたりからテクスチャリングに着手。まずは、Softimageでポリゴンを整理したデータを.objでやり取りして、ZBrushにインポートする。UV MapでPUVTileを指定し、それからDivideを6まであげる。その次にやるのが、マスキング作業である。いろんな都合で結構パーツに小分けしてあるのだが、この頭部では、歯はひとつのオブジェクトだし、目や口の中だって表皮とは色も質感も異なる。そこで、はじめにいろんなマスク用の画像を用意するのさ。手順としては、歯なら歯をマスキングする。塗り分けられたら、Masking→Create Alfaボタンを押し、生成。Alfaパレットからエキスポートする。使うときは、Alfaをインポートし、Masking→Mask By Alphaでマスキング。これで、いつでも歯をマスキングできる。こういう作業はあとでやるのが面倒なので、はじめにやることにしている。頭頂部のマスクは、模様のようなものを入れてはどうかと検討している途中。別にスイカっぽくしようと思っているわけではない。また、全体としての色調を検討するのに色をつけてみた。もちろん、材質感が伴うなどするので、こんなに単調ではなくなるはずだ。が、今のところ明確なイメージがあるわけではない。これから、試行錯誤をしてデティールを検討しようというところ。
posted by hrys at 00:33| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。