2013年02月28日

お尻だ象

3DdaZoA.jpg

3DdaZoB.jpg

OshiriDaZo.jpg
 OBの一人が、クローンファクトリーという、3Dプリント関連企業に勤めている。そこで「一個、お試しに出力してもらえない?」とお願いして、出力してもらったのが上の写真。下は、その元データ。3Dプリンターは、これから様々な応用が期待される機器だが、まだ個人に身近なものとは言えない。私にとっても初体験だ。様々な方式があるようだが、これは石膏を塗料で固めながら積層してゆくタイプ。全体の大きさ、石膏の粒子の大きさなどの関係から、甘いことは甘いが、何か嬉しいもの。残念ながら、自立できないし、いろいろと反省点もあるのだが・・・。アメリカでは、ベンチャー企業などが個人向けの3Dプリンターを売り出していたりするようだが、ぜひ、日本の企業にも頑張っていただきたいものだ。


posted by hrys at 18:13| Softimage | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。