2011年02月02日

一応、統合。

KokkaZ.jpg
ここ最近、彼のアウトプットの仕方を考えているのだが、行き詰まりも感じるので、ここで一旦統合してみた。ら、バランス取るのが難しい。これとて、一発で決めたわけではなく、いくつかパターンを作ったうえで一応決定。なんか、うまくいかねぇな。と思って1R終了状態をみたら、恥ずかしい。と思えたので少しは進歩しているようだ。結局、足の人たちは頭部なし。膝あたりが顔に見えなくない?尻尾に女性が来るので、ここは両方男性が良いのでは?とか、それぞれ爪が長すぎるとか、迷いは尽きない。元々答えがあるようなものではないので、腹をくくるしかないんだよね。でも、やっぱり決め手・理由が欲しいもの。理論武装とまではいかなくとも、自分を納得させる理屈は、一応ある。で、彼の名前はKokkaとすることにした。国家だね。ちょっと前までRevenant of Warだったのだが、必ずしも戦争だけをテーマにしたいわけでもないのと、名前としては長い。ので。別に読んだわけでも、知ってたわけでもないのだが、共同幻想論という本があって、そこにあるとされる共同幻想としての国家とそれに逆立すると言われる自己幻想の関係(ウィキペディア調べ)を言い表しているようにもとれる。というか、一応言い切る。そうです。彼は、元はと言えば足の人たちの幻想が育ったもの。なのに、踏みつけられる。ある程度まとまった社会とやらが、星をつけたおっぱいをこんな風に描くなんてけしからん!などと私を責めたりしたら、こんな感じなのだろう。背中の奴らは、最近のファンタジスタな政治家たちと位置づけている。が、なんでそんなくるくるした角みたいな構造があるのか?などと問われても困る。バランスを変えたりで、つながりがズサンなところも多いが、修正の仕方を含め、具体的な方法を検討しなくてはならない。


posted by hrys at 01:18| KokkaProject | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。