2011年06月02日

ボディーテスト

Body01.jpg

Kokkaのメインボディーのテクスチャー検討。こういった有機体には、やっぱりSpotLight。他のテクスチャーも試したが、ひび割れ具合が良いので、画像のものを使うことにした。これを、オブジェクト上にあれこれと転写するってわけさ。テストってことで適当だが、ものの数分でおよその状況が把握できる。これならいけそうだ。と判ればモチベーションもあがるってものさ。ただ、もちろんこれで終わってはいけない。このテクスチャーをもとにマスクを生成するなどして、ひび割れによる表面のずれなどといったデティールを作らねばならないのであーる。他との兼ね合いでひび割れの要素だけを利用して、色は変更してゆく可能性もある。使い方そのものは簡単。だが、よいものを作るのは、それとは別。


posted by hrys at 12:33| KokkaTexturing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。